簡単でシンプルかわいいかぼちゃパンツの作り方

今回は赤ちゃんから子どもまで幅広く似合うかぼちゃパンツの作り方をご紹介します。
ハンドメイドや洋裁初心者さんにもぜひ真似して欲しいコツをたくさん散りばめました。

準備するもの(かぼちゃパンツの材料)

  • 表生地 100×50cm
  • ゴム(パジャマゴム・丸ゴム)
  • チャコペン(フリクションでもOK)
  • まち針(クリップでもOK)
  • アイロン
  • ミシン
  • ハサミ

かぼちゃパンツを作るために使った生地

綿ポリ 交織 ダンガリー ギンガムチェック 50cm単位
使用生地
12mm マリンブルー

商品番号 4520 ¥550

初心者にも簡単なかぼちゃパンツを作ってみよう

かぼちゃパンツを作るのには6工程あります。
ひとつひとつ丁寧に作業していけば、一緒に作っていけると思います。
ぜひ、この記事を参考に作ってみてください。

  1. 型紙を生地に写す。
  2. 生地を切る
  3. 生地を縫う
  4. ゴムを入れる
  5. 完成

1.かぼちゃパンツの型紙を用意しよう

まずは型紙の準備です。
今回はかぼちゃパンツを作っていきますので型紙はこちらからダウンロードして印刷してください。

2.生地にかぼちゃパンツの型紙を写していこう


表生地と裏の生地を表と表が重なるように合わせてその上に、型紙をおいて、型紙通りに線を引きます。
さらにその上から図のように、縫代をとります。
5~7cmと書いてある部分はウエストです。
長くすればするほど、ウエストをフリルっぽく見せられるようになります。



まち針を止めて裁断しました。
赤い点線のところを縫っていく予定です。

裁断後よく見ると写真のようにはみ出ている部分があることがあります。
そんな時は短い方に合わせて切っておくと、縫う時に迷わなくて済みます。

3.かぼちゃパンツの生地の両端を縫っていこう

まち針で止めたら切った生地の両側を縫っていきます。
縫っている部分は、かぼちゃパンツの真ん中の部分を縫っています。


縫い終わったので、ジグザグミシンを両端にかけておき、ほつれどめをしておきましょう。

4.かぼちゃパンツの股下を縫っていく

股下を縫う準備をします。股下同士の生地を合わせてまち針で止めます。


股下は足を開いたり、歩いたりする時に力がかかりやすいので、2~3往復縫っておくと丈夫に仕上がります。

5.かぼちゃパンツのウエストと足回りを縫いゴムを通す

ウエストと足回りを縫うためにそれぞれアイロンでガイドを付けていきます。
ウエストは1cmと3cmで折り返してアイロンをかけました。
足回りは1cmと1.5cmくらいでアイロンをかけましたがアイロンがかけやすい大きさで良いと思います。
幅を広げれば広げるほど、ウエストは特にフリルっぽく仕上がって可愛くなります。

アイロンをかけるポイントは折り返した時に縫い目と縫い目がピタッと揃っていることです。
もし、ピタッと重ならない時は、生地の折る幅を変えて調整してみてください。

慣れてきたら、アイロンだけでも十分なガイドになりますが、念のためまち針で止めておくと安心して縫うことができると思います。

6.かぼちゃパンツのウエストと足回りにゴムを通して完成

ウエストと足回りにゴムを通して完成です。
ゴムを通すために開けておいたあきぐちは、ゴムを通したら縫ってふさいでください。

慣れてくると、1時間ほどでかぼちゃパンツを作れるようになります。
また、ウエストの縫いしろを大きくとることでフリル度がアップするのでお好みのフリルを作って楽しんでください。

今回使った型紙のダウンロードはこちら

今回は自作型紙とうろこのあれこれハンドメイドさんの型紙をご紹介します。
同じ作品を作ってみたい方はぜひ、ダウンロードして使ってみてください。
自宅にプリンターがない場合は、コンビニプリントがおすすめです。

(Visited 112 times, 23 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です