1. Home
  2. /
  3. 作品例と作り方
  4. /
  5. 雑貨
  6. /
  7. ポーチ
  8. /
  9. 簡単かわいい!キャンディポーチの作り方

簡単かわいい!キャンディポーチの作り方

ぷっくりとした形が可愛らしいキャンディポーチの作り方をご紹介します。

最後にはアレンジ例もご紹介していますので、ぜひ参考に作ってみてください。

準備するもの

  • 表生地 タテ35㎝×ヨコ30cm
  • 裏生地 タテ35㎝×ヨコ30cm
  • 12cmファスナー
  • リボン
  • 接着芯(表地が薄い生地の場合)
  • チャコペン(フリクションでもOK)
  • ほつれ止め
  • まち針
  • クリップ
  • アイロン
  • ミシン
  • ハサミ

早速キャンディポーチを作ってみよう

キャンディポーチを作るのには大きく分けて5つの工程があります。

  1. 生地を用意する
  2. ファスナーを縫いつける
  3. ファスナーの横を縫う
  4. 両脇を縫う
  5. リボンを付ける

この5つの工程について、ゆっくりみていきましょう。

1.生地を用意しよう

表生地と裏生地ともに、タテ35cm×ヨコ30cmにカットします。

チェック柄は斜めにカットしてもかわいいですよ。

生地の表面にマスキングテープを貼っておくと表裏が分かりやすく便利です。

表生地が薄い生地の場合は、裏面に同じサイズにカットした接着芯を貼っておきます。

カットが出来たら、縫い始める前に両脇を1cmずつ裏面に折りアイロンをかけておきます。

2.ファスナーを縫い付けよう

生地が用意できたら、さっそくファスナー縫い付けていきましょう。

ファスナー用の押さえがある場合は取り替えましょう。

表生地とファスナーを縫い付ける

ファスナーの端を裏面に向かって三角に折り曲げ、手縫いで1針縫って固定しておきます。

チャコペンを使って、表生地とファスナーに中心の印を付けます。

印を付ける箇所を間違えないように気を付けてください。
生地を縦長に置いた状態で上下に印をつけましょう。

表生地の表とファスナーの表を中で合わせ、中心の印に合わせてクリップで固定します。

ミシンでファスナーがある部分だけを、縫い代0.5㎝で縫います。

途中でファスナーの引き手が引っかかるので、引き手の手前でミシンを止め、針を生地に刺したまま押さえ金を上げます。
引き手をずらしてから
押さえを下げて再び縫います。

これで片側だけファスナーが付きました。

反対側を縫います。
反対側の生地の表面と、ファスナーの表面を重ねます。

中心の印で合わせて、クリップで固定します。

先程と同様にファスナーがある部分だけ、ミシンで縫い代0.5㎝で縫います。
この時も途中でミシンを止め、ファスナーの引き手をずらして縫ってください。

裏生地を縫い付ける

裏生地に中心の印を付け、表面を下にして、ファスナーの裏側に重ねます。

中心の印で合わせて、クリップで固定します。

そのまま全体を引っくり返し、先程縫った縫い目と同じ所を縫います。

反対側も縫います。
反対側の端をファスナーの裏側に重ね、中心の印に合わせてクリップで固定します。

先程と同じように、そのまま全体を引っくり返し、縫い目と同じところを縫います。
これでファスナーが縫い付けられました。

3.ファスナーの横を縫う

ファスナー用の押さえ金を使っていた場合は基本押さえに戻しましょう。

ファスナーを中心にして、表生地と裏生地がそれぞれ中表になるように広げます。

表生地を縫う

ファスナーの横の表生地をまち針で固定し、縫い代1㎝で端からファスナーの縫い目まで縫います。
この時、最初に付けた両端の折り目は広げて縫います。

反対側も同じように縫います。

ファスナーの縫い目と完全に繋げなくて大丈夫です

裏生地を縫う

裏生地も、表生地と同じように縫っていきます。

ファスナーの横の裏生地をまち針で固定し、縫い代1㎝で端からファスナーの縫い目まで縫います。

縫ったところを広げてアイロンで抑えます。

4.両端を縫おう

表生地が表面になるよう筒状にひっくり返します。

ファスナーの周りをアイロンで抑え、整えます。

最初に両端に付けておいた折り目で折り、表生地と裏生地を一緒にまち針で固定します。

できるだけ折り目のギリギリを縫います。

ミシンのフリーアームに入る場合は、ぜひ活用してください。

5.リボンを付ける

リボンはあらかじめ20cmにカットして、端がほつれてくる場合はほつれ止めを塗っておきます。

端から5cmの箇所を絞り、リボンを固結びして留めます。

ファスナーを開き、ポーチを丸く整えて完成です!

キャンディポーチのアレンジ例

このままでも、とてもかわいいキャンディポーチですが、こちらは2箇所のアレンジを加えてみました。

  1. 両端にレースを縫い付ける
  2. タブを縫い付ける(肩紐などを掛けられるようになります)

良かったら参考にしてみてください。

1.両端にレースを縫い付ける

材料

幅5cm以上の幅広レース 70cm

今回は8cmの幅広レースを使用しています。

生地をカットした後、端から6cmの箇所にレースを縫い付けます。
この時、上下1cmは縫わずに開けておきます。

「3.ファスナーの横を縫う」で表生地を縫う前に、レースだけ縫い代1cmで縫います。

次に表生地だけを縫いますが、レースも縫い込んでしまわないように注意してください。
これでレースの縫い付けが出来ました。

2.タブを縫い付ける

材料

幅1cmのリボン 4cm(2本)

Dカン(1cm) 2個

お好みで肩紐やチェーン、持ち手など

タブは、リボン以外にもキャンディポーチと同じ生地で作ってもOKです。

リボン4cmを半分に折ります。
「3.ファスナーの横を縫う」の表生地を縫う時に、タブをファスナーのすぐ横に置き、表生地と一緒に縫い込みます。

最後にDカンを取り付けて、お好みで肩紐やチェーン、持ち手などを取り付けます。

ここでは肩紐を取り付けて、ポシェットにしてみました。
良かったら参考にしてみてくださいね。

今回使った生地

綿ポリ 交織 ダンガリー ギンガムチェック 50cm単位
商品番号 4520 ¥550税込

今回使用した生地
5mm サーモンピンク
5mm イエロー

綿ポリ 交織 ダンガリー 無地 50cm単位
商品番号 4500 ¥550

使用した生地
サーモンピンク
イエロー

今回参考にした動画

裏地付きキャンディポーチの作り方(12㎝ファスナーポーチ)


今回はBaby&kids handmadeさんのこちらの動画を参考にさせていただきました。
ぜひご覧ください。

型紙無料ダウンロード

今回作ったキャンディポーチの型紙は、こちらから無料ダウンロードすることができます。

裏地付きキャンディポーチの無料型紙

ぜひご利用ください。

(Visited 1,361 times, 4 visits today)

2件のコメント

申し訳ございません。ただいま作成中でございます。
まだ少し先になりそうですが、表生地 タテ35㎝×ヨコ30cm、裏生地 タテ35㎝×ヨコ30cmに
カットすれば型紙不要で作っていただけます。ぜひ作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

marron sugar
男の子と双子の女の子のママです。 とにかく手を動かすことが大好き! 子育てをしながら、日常生活をかわいく彩る布小物やアクセサリーを制作しています。 初めての方にもハンドメイドの楽しさをお伝えしていきたいなぁ、と思います!