1. Home
  2. /
  3. 全ての記事
  4. /
  5. 初心者さんにおすすめ♪服作りに必要な洋裁ソーイング道具10選

初心者さんにおすすめ♪服作りに必要な洋裁ソーイング道具10選

おすすめ|洋裁道具|ソーイング道具|ハンドメイド初心者のための洋裁メディア縫いナビ|丸石織物

使いやすい道具を使うと、
ストレスなく作業が進み
もっと楽しいソーイング時間を
過ごすことができると思います♪

今回ご紹介するのは、
洋裁初心者の方にオススメする、
服作りに必要な洋裁ソーイング道具」
どうぞ参考にしてください♪

では、
それぞれの道具について説明していきます♪

▼もくじをクリックすると、その内容の項目に移動します▼

針山(ピンクッション)

針は危ないので、必ず針山(ピンクッション)にさしましょう。
「針山に刺しておく本数は10本」
と決めておくと管理しやすいです。
針が錆びにくい「羊毛」や「シリコン入り綿」のものがオススメです。

まち針

マチ針は、針部分が3cmくらいのものがオススメ。
刺し心地がスムーズなものを選びましょう♪
洋服作りの場合、
ベルト、衿、ポケット部分など
縫代が何重にも重なっている所に
まち針をさすことがあります。
そのため長すぎたり、細すぎる針は作業効率が悪くなるため、
針先が3cmくらいのものがオススメです。

<シルク待ち針>
長さ=36mm・太さ=0.5mm
細くて、しなりがあります。
スタイや服の脇部分など、
綿ポリ生地2、3枚ぐらいで厚みが少なく、
スペースが広い位置に刺す場合にオススメです。

<京都みすや・洋裁待針>
長さ=33mm・太さ0.51mm
京都にある有名なはり屋さん
「みすや忠兵衛」さんの洋裁用まち針です。
シルク針より短く、少し太いので
しなりが小さいです。

縫い代が重なるベルトつけ位置、
ポケットの角や衿先など、
厚みがあり、ピンポイントで刺す場合にオススメです。


まち針は軽いので、生地が伸びにくく、
また、ピンポイントで留めることができるので便利ですが、
小さいお子様がいて、針の使用が不安な方は
洋裁用クリップの使用をオススメします。


仮止めクリップ ミニ 10個セット

商品番号 karidome-clip-mini
¥605(税込)

手縫い針

手縫い針は、短すぎると使いづらいです。
針山に刺しておくのは1本で十分♪
行方不明にならないように、
たまむすびした糸を通したままにしています。

糸切りばさみ

糸切りばさみは、
ミシンの縫い目に入れて切ることができるよう、
先がとがっているタイプのものがオススメです。


作業中、なにかと出番が多い「糸きりばさみ」。
画像のような「握りばさみ」とよばれる形状だと
パッとつかんで、切りたい位置を的確にとらえることができます。

握り鋏を日本一多く作っている、兵庫県小野市の播州刃物の高級握り鋏もおすすめ。名入れも可能です。

布きりばさみ

洋裁用の布切ばさみは、紙きりばさみと違い
刃の部分から持ち手部分が一直線になっています。
これは、机(台)の上に刃をおき、刃を安定させて切るためです。

カーブ部分は刃先を使って切るので、
刃先部分が切りやすいものがオススメです。

最高級の裁ち鋏も多く作っている鋏の街、兵庫県小野市のブランド播州刃物。

こちらの裁ち鋏もおすすめ。名入れも可能です。

手縫い糸

ボタンをつける時は、
「手縫い糸」または「ボタンつけ糸」を使ってください。

ミシン糸でボタンを付けると、糸がクルクルとなって絡みやすくなります。
これは「手縫い糸」と「ミシン糸」の糸の撚り方向が違うためです。

とりあえず「生成キナリ」と「黒」を揃えておくと便利です。

チャコペン

生地の種類や印つけの状況によって、使い分けると便利です。

水で消えるタイプ・茶 →ダーツ先、ボタン位置などの印つけに
白えんぴつタイプ →濃い生地色(黒、紺など)の生地の印つけに
フリクションボールペン →今だけ印をしたいときに(アイロンで消すことができます)

ものさし 方眼定規

「0」スタートのものさしがオススメ。
ものさしの角を、測る位置に合わせるだけで計測できるからです。

方眼定規は、型紙の線や縫代を付けるときに使用します。
初心者の方は、50cmが使いやすい長さです。
カーブを計測するときがあるので、よくしなる洋裁用のものがオススメ。
また、
バイヤス線があると、バイヤステープを作る時に便利です。

メジャー(150cm)

生地の長さや、型紙の長さなどを測る時に便利です。
150cmの「0ゼロ」スタートのタイプがオススメです。
型紙の衿ぐりや袖ぐりなどのカーブは、
画像のようにメジャーを立てて計測します。

【番外編】裁縫箱

木箱、クッキー缶、プラスティックケースetc・・・
元々は、違う用途で使われていた物を、
使ってみるのも楽しいですよね♪
高さが約7cmあると、
針山(ピンクッション)に針をさしたまま収納できます。

ちなみに私は、
DEMEL(デメル)のザッハトルテ3.5号サイズの桐箱を愛用。
蓋の裏側に磁石をつけて、糸切りばさみを留めています。

さらに効率よく作業するのに便利な洋裁道具3選

洋裁ソーイングが楽しくなり、製作時間が増えた方には
こちら▼の道具もオススメです♪

(Visited 1,282 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

mako
大阪・堺市 緑豊かな泉北ニュータウン内で「初めてさんの洋裁教室リボンキャンディ」を運営しています。誰もが気軽に、家庭用ミシンを使って、きれいに、はやく、かんたんな服作りを楽しむことができるよう、対面レッスン、オンラインレッスン、マンツーマン個人レッスンを開催しています♪