1. Home
  2. /
  3. 未分類
  4. /
  5. 水通ししないと洗濯乾燥でどれくらい縮むのか

水通ししないと洗濯乾燥でどれくらい縮むのか

水通ししないで縫う

どうも。生地のマルイシ 店長の石井です。

タイトル通りで、実際どれくらい縮むのかテストしました。

あくまで当社生地をテストしたもので、名前が同じ生地であったとしても、その収縮率を保証するものではありません。

こちらの記事もオススメです

テスト環境

コインランドリー ぬるま湯洗濯・高温ガス乾燥

元サイズ

Sサイズ丈:85cm Fサイズ丈:92cm

ここからの収縮を計測

ウエストは使用するゴムなどによっても変わってくるので、今回は計測しません。

リップストップの計測結果

85cm→82cm マイナス3cm 収縮率3.5%

ポリウレタンが高温乾燥に耐えられず若干縮みましたね。

当たり前ですが、縮みやすいものは中温乾燥程度に留めた方が良さそうです。

これは水通しで解決できる問題ではないので、水通し不要で乾燥温度に注意。

綿ポリデニム

85cm→83.5cm マイナス1.5cm 収縮率1.7%

さすが綿ポリ。水通しした服でも高温乾燥させるとこれくらいは縮むんじゃないでしょうか。

織り柄のダブルガーゼ

85cm→83cm マイナス2cm 収縮率2.3%

意外にもこのガーゼ、耐えますね。優秀です。

とろけるダブルガーゼ

85cm→82.5cm マイナス2.5cm 収縮率2.9%

誤差な気もしますが、織りのガーゼよりも0.5cm縮んでいました。

個人的には問題ないかなと思います。中温乾燥だともう少しマシかもしれませんね。

レーヨンリネン

85cm→74cm マイナス11cm 収縮率12%

予想通りダントツ1位はこちらでした。この収縮はかなりクセ強いですね。笑

縮みすぎてもはや、

元の生地の風合いとは別物。

もとは若干ざらっとした感じの

ざっくりした生地、という印象ですが

縮むことでざらっと感がアップ(肌との接地面積が減ることで着心地や涼しさはむしろ向上してます)

もう別物で、この雰囲気が好きな人も絶対いるなと思いました。

この生地はあらかじめ高温乾燥かけてから裁断、縫製した方がいいです。こうなるので。

綿ポリコードレーン

85cm→84cm マイナス1cm 収縮率1.1%

綿ポリ強し。シワも見られません。

綿ポリバニラン

85cm→83.5cm マイナス1.5cm 収縮率1.7%

綿ポリバニランも優秀ですね。洗濯すればするほどソフトな着心地になってきました。

綿ポリは色落ちにも強いので、そこも嬉しい。

※写真を撮り忘れたので後日撮影します。

Lサイズ ストレッチストライプ

92cm→89.5cm マイナス3.5cm 収縮率3.8%

こちらもポリウレタンが入っている分、熱で縮んだ感じ。

個人的にはこれも問題無し。今回はゆるっとパンツですから。

まとめ

生地収縮率
レーヨンリネン12%
綿ポリデニム1.7%
リップストップ3.5%
織り柄のダブルガーゼ2.3%
とろけるダブルガーゼ2.9%
綿ポリコードレーン1.1%
綿ポリバニラン1.7%

ゆるっとパンツを作る上で今回の中で注意しなければいけないのは、レーヨンリネンの12%だけ。どこまで着丈にこだわるかは個人差がありますが、私はこれくらいなら他の生地は全然気にしません。

カッチリとしたシャツを作る場合は(これらの生地はそもそも適していませんが、、)襟に歪みが出てきてしまったり問題が起きる場合があります。

ちなみに防縮加工という加工があり、これを行うと収縮率が1%以下になります。シャツ用の生地などに使用します。ただ引裂強度が低下し、生地を弱めることがあるので、諸刃の剣。

いかがでしたでしょうか。

ダブルガーゼだから絶対水通し!!と思われていた方も、ゆるっとパンツに関してはそのまま作ってみてはどうでしょう。縮んでもこれくらいですよ。

初めにも書きましたが、

あくまで当社生地をテストしたもので、名前が同じ生地であったとしても、その収縮率を保証するものではありません。

(Visited 1,438 times, 1 visits today)

ABOUT US

maruishi
生地メーカー(有)丸石織物の専務と生地の通販丸石織物の店長をやっています。洋裁をもっと気軽に楽しんでほしい、と常々思っていて、そういう生地を作っています。水通し不要でシワに強くて縫いやすく、切り屑が少ない綿ポリダンガリーが代表作。縫いナビでは生地の知識について執筆します。